「日本人の女はソンをする」 読者の声

cover image
ホーム     作者について     読者の声     よくある質問

tachiyomi


Sさん 在米半年

今までぼんやりと「そうなのかなー」と思ってきたことが、一気にわかりやすく説明されていて、目が開いた感じです。知らなかったことがたくさん書いてありました。今度こそまともな彼を見つけるぞー!

(この方は、留学中だそうです。人生大変革の真っ最中ですね。がんばれー!)


Nさん 日本在住

最近外国人の彼ができて、わからないことばかりです。外国暮らしにあこがれる気持もあって、結婚したいと思っているのですが、考えが甘かったかもと心配になってきました。何度も読ませていただきます。

(この方は、友人の友人、という関係でこの彼と知り合ったそうです。まだおつきあいして日が浅いということで、うまくいくといいですね。あせっちゃダメですよ。ゆったり構えてネ。)


Tさん 在米3年のち日本へ帰国

夢中で読みました。アメリカに行く前にこの本を読んでいたら、失敗しなくて済んだのに!

(この方みたいな反応が一番多いです。失敗は、必ずプラスに使える体験です。一時的にはしんどくても、学習してトクしたと思って欲しいです。)


Jさん 在米8年

何を隠そう、私もアメリカに来てすぐ、ラテン系の男に騙されたことがあります。付き合って一年以上たってから、彼の「奥さん」という人から電話がかかってきて、彼は結婚していて子供もいて、その上浮気の常習犯だということを知らされました。ガーン。お馬鹿な日本女子の典型です。もちろん、今も彼の不幸を心から願って呪っています。

(この方は、結局その奥さんと友達になり、奥さんは離婚を決意、彼女も彼をたたき出したそうです。痛快! しかし男はさっさと別の日本人留学生のアパートへ転がり込んだ…。あーあ。)


Tさん(♂) 在米4年

「日本人の男はモテない」に比べて、内容が軽くないのに驚きました。女性の方が外国に対応するのが実は10倍難しいんですね。女性に同情さえ感じます。海外で生きている多くの日本人女性、大尊敬です。少しでも楽になるよう、ぜひこの本を読むべきです。

(この方は、男性版「日本人の男はモテない」の読者です。読んだら突然女性の反応が読めるようになり、ついでに男の友達も増えた、とおっしゃっていました。)


Lさん 日本在住

「もてる」のは簡単ですが、よい恋愛(もしくは結婚)をして幸せになることは、日本人同士であってもなかなか難しいことで、ましてや相手が外国人であればなおさら。色々考えさせられました。

(「『もてる』のは簡単」って…そんな軽く言えるのがすごいですねー。この方は、日本人と結婚しているそうです。基本的な考え方は相手が何人でも同じなんですね、ともおっしゃっていました。)



→もとのページへもどる

ホーム     作者について     読者の声     よくある質問
© 2009 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved.